ウメほど日本人の生活文化に深く根ざしている果樹はないでしょう。果実については「ウメ毒三毒を絶つ」などと言われており、その効果については定評のあるところです。
梅にはいろいろな種類があります。おススメの梅はありますが、どの種類も梅干し・梅酒・ジュースOKです。
梅干し用・・・(五)小梅・南高梅・キ紀南小梅
梅酒・ジュース・・・古城梅・南高梅
ウメにはクエン酸・リンゴ酸・コハク酸・ピクリン酸などの有機酸やカルシウム・リン・カリウムなどのミネラルそして、カロチン・ビタミンB1・B2Cなどが含まれており、その多様さは類をみないほど。これらが「医者いらず」の役割をはたしています。
ウメにはクエン酸・リンゴ酸・コハク酸・ピクリン酸などの有機酸やカルシウム・リン・カリウムなどのミネラルそして、カロチン・ビタミンB1・B2Cなどが含まれており、その多様さは類をみないほど。これらが「医者いらず」の役割をはたしています。