原産地は中国黄河上流で中国では邪気を払うくだものとして仙果と呼ばれ、長寿のシンボル的存在でした。日本に伝わったのは古く、弥生時代にはすでに食べられていたようです。果肉の色から白桃と黄桃に分けられます。主に白桃は生食に、黄桃は缶詰めに用いられます
温度変化が少なく風通しのよい冷暗所で保存します。 押すとそこから傷むので、やさしく取り扱います。
色が濃く、産毛が密生しているものを選びましょう。
主成分は糖質でビタミンやミネラル類はさほど多くありませんが果汁たっぷりで香りがよく、リンゴ酸やクエン酸を含むので夏場の食欲増進や疲労回復に最適です。また食物繊維を含むので便秘解消にも役立ちます。花には、ケンフェロールという配糖体があり利尿や便秘に有効です。葉には、タンニンを含むので消炎、止血、殺菌作用があり入浴剤にすると、あせも、湿疹、かぶれが改善されます。