スケトウダラの卵巣(たらこ)を塩と唐辛子で漬け込んだもの。もともと朝鮮半島に古くからあった食べ物ですが、戦後に九州、
博多で日本人の下に合わせたものが製造されるようになり、徐々に広まりました。
ピリッとした辛さと熟成されたうま味が魅力です。
ご飯のおかずにも酒のさかなにも向き、あえ衣やスパゲッティの味つけなどにも使える食品です。微妙に味わいの異なる製品があり、選ぶ楽しみがあります。
たらこにはビタミンEを始めB、B2も多く含まれています。また、辛子明太子は原料に唐辛子を使用していてカプサイシンが多く含まれ、肥満予防や老化予防によいと言われています。
薄皮を除く場合は縦に包丁を入れて切り開き、開いたところから包丁の背でしごきだすようにすると、卵だけがきれいに取りだせます。