フグ目カワハギ科の魚です。北海道南部から本州、四国、九州、南シナ海にいたる浅海の岩礁近くに分布しています。厚く硬い皮で覆われていて、皮を剥いでからでないと調理できないので「カワハギ」という名がついています。旬は11月です。
ビタミンDが非常に多くカルシウムとタウリンの吸収を促進します。血中カルシウムの濃度を高め、骨の発育を促し、骨粗しょう症の予防に効果的です。
クセのない魚なので煮付け、ムニエル、フライなどどんな調理方法でも美味しく食べられますが、新鮮なものは薄切りの刺身を、肝しょうゆ(肝を蒸してから擦って、しょうゆと酢をまぜたもの)で食べるのが最高です。