・黒豆(黒大豆)…煮豆に使われ、おせち料理には欠かせません。
・枝豆…完熟する前に早どりしたもの。
・黄大豆…大豆の代表格。豆腐、納豆、きな粉、みそ、しょうゆ、サラダ油の原料になります。
・青大豆…東北、北関東で栽培され、浸し豆やうぐいす色のきな粉の原料になります。
乾燥剤を入れて缶や瓶に保存するのが良いでしょう。
古くなるとかたくなるので、新豆が出回るまでに食べきること。
たんぱく質が多く成長や発育に必要な、リジンというアミノ酸が豊富です。ダイズサポニンの脂質の酸化を予防する働きと、リノール酸豊富な脂質のコレステロールを低下させる働きにより、動脈硬化や脳梗塞の予防をします。女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが更年期障害を穏和します。若さのビタミンといわれるビタミンE・B群が豊富。食物繊維、オリゴ糖により便秘を予防します。
1.乾燥品はたっぷりの水で洗い、浮いた豆を除きます。
2.水気をきり、3倍の水に5時間から一晩ひたしてもどします。
3.栄養分が含まれる、もどし汁ごと鍋に入れ、弱火でやわらかくなるまでゆでます。指先で、つまんですぐにつぶれたら、煮あがりです。